いつも私共のナイフを愛用して頂いている、青森県の木村さんからのメールを紹介しようと思います。木村さんはハンティングから、海釣り、渓流釣り、ルアーなどやられるマルチガイの方です。いつもハンティングやら、釣りの成果を送っていただけるので、木村さんからもお許しを頂き少しづつ紹介していきたいと思います。皆様もご意見がございましたらお知らせ下さい。
 

2009年7月25日 スランプ脱出 第二段 !!

  ようやくスランプから抜け出し、今回、2回目の釣行を迎えた。
 前回(7月11日)は、スランプを脱したとは言うものの、2枚という不本意な釣果であった。そこで、本当のスランプ脱出を図るべく、低気圧に立ち向かい、いざ出港! 天気予報によると、決して気圧配置は良くないものの、そこは気合で高気圧を呼び込み?降水確率80%を見事に裏返し天気は上々。雲の合間から陽が差し込み汗が流れるくらいの気温の上昇に、メンバーの顔にも自然と笑みが浮かんでくる。凪はベタ凪で、あとは釣るだけ。
 前半は、潮が止まっている状態のためアタリがなく、静かな戦闘?開始である。中盤いくらか潮が動き出し、ポツリポツリとアタリが出だし、サイズは小型ながらメンバーの笑い声が船上に響く。 そろそろ自分もと思っていたところにヒット!しかし、サイズは小型、〆もそこそこに次を投入するが、潮の状態が芳しくなく次が続かない。マダイのタナ(泳層)が一定していないのだ。水深が60メートルほどのためにタナの探りに時間がかかり、そうこうしているうちにポイントを通過してしまうので、どうしても時間がかかってしまう。
 
それでもどうにか2枚目をヒットさせバラシもなくゲットする。サイズは50センチぐらいの食べごろで、それはそれで嬉しいのだが、こちらとしてはサイズアップを狙いたい。釣り人としては、数も欲しいが大型も欲しいのである。 2枚を釣り上げてから、しばらく膠着状態となる。ここは辛抱で粘るのみ。 16時をまわり、夕まずめの時間を迎える。そろそろマダイのお食事の時間です。コンディションが良ければ、日中からでも連続ヒットさせられるのですが、潮の具合で思うようにいかない日は、夕まずめ時が後半のチャンスとなります。
 
水深50メートルのラインを流しながら、本日のヒットゾーンの底付近を丹念に探りサオ先に神経を集中させる。100メートル以上は出ているであろうラインの先からの
マダイのアタリを感じ取って確実にヒットさせる。17時を回ったころからメンバーにも次々ヒットし、18時終了予定を若干延長してもらい、18時30分まで終盤の格闘
となる。一投ごとにヒットする状況である。(ワンキャスト・ワンヒットである。)

 終わってみれば、船全体(メンバー8人)で40枚。今年、初の大漁となる。 更には、自分にとっては本当の意味でのスランプ脱出となる7枚の釣果であった。サ
イズ的には最大50センチどまりの型にメンバー共々物足りなさを感じるものの、十分の釣果であった。 因みに、昨年の最高は8名で72枚という最高記録を出しており、40枚はそれに次ぐ釣果である。中盤から、時折、強い雨に当たるも凪に恵まれて良い釣りができた。今回の出港場所である「三厩漁港」。近くには、源義経ゆかりの「義経寺(ぎけいじ)」がある。ここ三厩(みんまや)は、源義経が大陸に渡るためここから船に乗ったとされる言い伝えのある場所である。我われメンバーは歴史よりもマダイにしか興味がないもだから、義経には目もくれず爛々とした眼でマダイを狙っているが、歴史に興味のある方にとっては興味深い土地であろう。

 我らが釣り船「飛鷹(ひだか)」  ※「チーム飛鷹」というチーム名もこの船から
いただいている。チームとしては、この船しか使わない!絶対の信頼である。
 いずれ、船長とのスナップも披露する予定である。

今回は、老婆心ながら、厄介な魚の簡単なウロコの取り方を紹介します。(当然、ご存知の方もいらっしゃるでしょうが。)

道具は、貝剥きに使う専用のヘラです。

尻尾側からヘラをウロコに差し込んで、皮に当たるようにします。そのまま、頭に向かってゆっくりとベルベリとウロコとともにヘラを進めていきます。ゆっくりでいいのです。

こんな感じでウロコが重なるように取れていきます。バリバリとウロコを剥ぐこともなく飛び散ることもありません。

ウロコを取り終わったら、ウロコごと新聞紙1枚を丸めてゴミ箱へ、次の魚を新たに新聞紙に乗せて同じ作業の繰り返しです。
こうすると、キッチンにウロコを撒き散らかさずにすみます。



◆HOME