いつも私共のナイフを愛用して頂いている、青森県の木村さんからのメールを紹介しようと思います。木村さんはハンティングから、海釣り、渓流釣り、ルアーなどやられるマルチガイの方です。いつもハンティングやら、釣りの成果を送っていただけるので、木村さんからもお許しを頂き少しづつ紹介していきたいと思います。皆様もご意見がございましたらお知らせ下さい。
 

2009年5月16日 待ちに待った真鯛釣行です。 

 出刃シャチ、サビナイフ1・2・3を引っ提げて、今年初のマダイ釣行です。チームのメンバーには、ナイフのテストをするので釣り上げたときは、勝手に〆ないように伝令を出しておき準備は万端! ただ、数日前に季節外れの雹(ひょう)が降るなどして気温が上がらず また、釣行直前まで雨が続くなどして水温も低い状態にあり、マダイの活性が低く低調だという事前情報に内心ハラハラしての初日でした。
 
釣行当日は、天気に恵まれ、あとは水温の上昇と共にマダイの活性が上がり、かなり期待が持てるはずですが、しかし、そこは自然が相手。結果どうなるかは釣ってみるまでは誰にもわかりません。 漁港に到着し、時間どおりにイザ出港! ポイントに到着するまでの間に、メンバーそれぞれがタックルの準備をするわけですが、この時間がまた何ともいえない時間で、「吾こそが大物を手にするぞ!」や「誰よりも多く釣るぞ!」などと徐々に闘魂メーターの針が上がってきます。 そして、ポイントに到着し船長の合図を待って第一投!バトル開始!!
ヒット数こそ多くはなかったものの、他の釣り船が0〜1・2枚という低調のコンディションの中、わがチームは9枚を釣り上げてまずは上出来の釣行だった。

63cm、43cmの真鯛
内臓を取るため腹を割る

当日の記念ショット!



サビナイフ-4(出刃シャチ)

サビナイフ-2

アウトドアーサシミ

マダイをサバキ3を使用して〆る。スムーズにポイントが入り中骨が断たれる。サビナイフ1を使用 さすがに小型のためポイントを入れる際、グリップを手のひらで包み込むような握りになるが、ポイントの入りは悪くはない。ただし、サビナイフ1を使用するのは40センチくらいまでと考えたほうがいいようである。上の写真の続き中骨を断つのにちょっと手こずっている。尾の付け根は、思ったよりもすんなり切断できました。

このとおり! このあと、血がドッと流れた! これは、サバキ2を使用 サビナイフ1と同様の使用感ですが、ブレードが若干薄めなので、1より弱そうな感じを受ける。しかし、実際使ってみるとなかなかどうして見た目ではわかりませんね。尾の付け根も問題なく断つ!本日は、7名のメンバーで9枚しか釣れませんでしたが、水温の上昇に合わせて釣果も良くなることでしょう。

2009年5月2日

サバキを持って、渓流釣りに行きました。
釣果は、3・4匹のバラシはあったものの、イワナ10匹をゲット、他に山菜のたらの芽を山ほど収穫しました。釣友(同僚であり、餌釣ん十年のベテランであり、餌釣の師匠)と二人で奥山に入り、今年初の渓流釣行を大いに楽しみました。こちらの渓流解禁は4月1日なのですが、雪が深いため今頃にならないと、山に入れないのです。私は、ルアー釣りでは30年以上のキャリアなのですが、餌釣りは本格的に手を染めたのは、ここ4年ほどで、腕前はまだ初心者マークです。

釣も一段落し、早速、サバキを使用してイワナのワタ抜きの処理をします。切れ具合は当然ながら、GOOD!
肛門からのポイントの入りも頗るよく、顎の根元まで抵抗無く切れ、顎へ刺し込み舌と共にエラ、胸びれ、内臓を一気に取り除き、血合いを取り除いて一丁あがり。ナイフが良いと、作業が早いこと。川魚は傷みが早いので、現場での処理が原則です。

帰宅してから気合を入れて調理です。塩焼き用と今回は奥さんの希望により、蒲焼きにします。三枚におろしてフライパンで調理、サバキの使い良さに感動・感激です。1・2・3をそれぞれに使用しましたが、とても良いです。
現場でのワタ抜きの処理は、2が最適でした。ブレードのサイズが魚のサイズとピッタリで尺クラス以上でも難なく捌けるはずです。

三枚おろしには、3が良くてブレードのストロークがある分スムーズにおろすことができました。腹骨なども抵抗無くスイスイ切れてくれます。身の柔らかな川魚を身崩れもなく、捌けるブレードは素晴らしいです。三枚におろした後の頭や中骨は、犬たちのカルシウム補充のためにから揚げにしました。頭を割ったりしましたが、潰れることなくスッパリ切れてくれました。
次は、マダイでそのポテンシャルを引き出したいと思います。


サビナイフ サバキ2、サバキ3



◆HOME