いつも私共のナイフを愛用して頂いている、青森県の木村さんからのメールを紹介しようと思います。木村さんはハンティングから、海釣り、渓流釣り、ルアーなどやられるマルチガイの方です。いつもハンティングやら、釣りの成果を送っていただけるので、木村さんからもお許しを頂き少しづつ紹介していきたいと思います。皆様もご意見がございましたらお知らせ下さい。

 


2010年6月12日(土) 本日は午前・午後の二部構成

本日は、早朝を「玄武丸」午後を「飛鷹」での2試合をこなします。先週は、玄武丸で土日連チャン釣行をし、土曜日はアイナメ2匹だけでマダイに恵まれなかったものの(他のメンバーはマダイをゲット)、日曜日にはマダイのお祭りに恵まれて5人で30枚(私は8枚)の釣果でした。今シーズン最高の釣果を上げた前回の爆釣ムードに乗って、さて「本日も大漁!・爆釣モード突入!!」と相成りますかどうか?
 
まずは、玄武丸から・・・。早朝、3時出港。まだ夜の帳に包まれている中を魚群探知器でマダイの反応を探りながら船を進めていきます。しかし、マダイの反応がまったくありません。無・無・無。他のメンバーになんとか小型ながらもヒットするものの、私と級友にはヒットなしです。焦りを感じつつひたすらにキャストとリーリングを繰り返しますが矢張りヒットはありません。本日の第一試合はスコンク(釣果なし)惨敗!

マダイの他に、ソイが釣れました。
ようやくの初マダイを手にニヤリ。
 

ヒラメも釣れました。

級友にヒット!しかしメバル(小型)
 第二試合は「飛鷹」です。5月に二度の釣行、飛鷹では未だ満足な釣果に恵まれておりません。飛鷹・第3章となる今日は"チーム飛鷹"としてはメンバー全員がマダイゲットの闘志に燃えております。場所は、久しぶりの「竜飛沖」です。

風は微風、波は小波。あとは釣るだけ釣れるだけ(笑)。早朝の惨敗払拭を胸に出港、ポイントを目指します。メンバーそれぞれに仕掛けやリグを投入してヒットを待ちますが、無・無・無。かなりいやな予感が頭をよぎります。今回は、釣行場所が竜飛ということで"カサゴ"も狙うつもりで密かに仕掛けを準備し何枚かマダイを釣ってからカサゴも本気モードで釣る作戦です。しかし、当たりがありません。

ヒットを待つこと数時間。夕方になり潮の流れが徐々に船長が常々口にする当たりの出る流れ方になってきました。その途端にヒットです。この時合を逃してはたまりません。メンバーに一気に緊張が走ります。おまけに鳥山まで近場で出現し、すかさず鳥山に向けてキャスト鳥山に付いているマダイも狙います。マダイが小魚の群れを下から追い掛け回しているために、小魚が逃げ回って海面にまで飛び出してきます。こうなればそこにキャストするだけでヒット確定です。

長い時間待たされましたが、ようやくマダイの当たりが連続し結果8名で9枚という、少なめではありますが釣果に恵まれました。私はというと、今季の飛鷹での初マダイを3枚手にできました。60センチクラス2枚に50センチクラス1枚のナイス・マダイです。サメの群れに当たらなければ、まだまだマダイのヒットを期待できたのですが、今回は9枚ゲットで終了となりました。次回の釣行に期待を持ちつつの帰港となりました。
今回もまた、釣ったな〜。
本日3枚目
マダイの引きが重かったです。ハイ。
今年ようやくの初マダイをゲット!
曰く、マダイの顔を思い出しました。マダイってこんな顔だったな〜と半ば
引きつった笑顔です。
この人、マダイ初挑戦です。まずは、ホッケを釣りました。ホッケは、出刃シャチで頭を落とし、内臓を出してクーラーに。
帰宅すれば即、塩焼きです。
待望のマダイをゲットできました。
引きの凄さに腕が震えています。「嗚呼、感動!」
津軽海峡の潮に揉まれたマダイの味にまた、感動。

サメの猛襲をかわしながらマダイを釣上げました。
今回は苦労したな〜。
私もしっかりとマダイをゲットです。早朝に続き、釣果なしかとヒヤヒヤ
しながらも3枚を授かりました。この顔つき、♂です!海面まで浮い
てきたところで、未消化の鰯5匹を吐き出しました。食い気旺盛です。
私の釣果、海峡マダイ 60センチクラス・2枚、50センチクラス・1枚
この日のメンバーの釣果9枚なり。
〆は大半をサビナイフ4出刃シャチ」で行いました。毎回、活躍している出刃シャチです。
マダイ釣りの舞台(ホームグラウンド)
平舘(たいらだて)が主に「玄武丸」、竜飛(たっぴ)が「飛鷹」


◆HOME