いつも私共のナイフを愛用して頂いている、青森県の木村さんからのメールを紹介しようと思います。木村さんはハンティングから、海釣り、渓流釣り、ルアーなどやられるマルチガイの方です。いつもハンティングやら、釣りの成果を送っていただけるので、木村さんからもお許しを頂き少しづつ紹介していきたいと思います。皆様もご意見がございましたらお知らせ下さい。

 


2010年11月14日(日) 狩猟シーズンに入りました。狩人の季節です。

 11月1日、いよいよカモ猟の解禁です。数日前から狩猟の大先輩でもある班長と連絡を取り合いながら準備を進めていたところ、ホームグラウンドとしている溜池にカモの姿がなく、「まだ暖かな日が続いているからもう少し初猟を遅くしたほうがいいな〜。」との班長の判断により、2週間遅れの出猟となりました。
 
 当日は、久しぶりのメンバーとの猟を楽しみに集合場所に一番乗り。しかし、集まったメンバーは班長のみ。「えっ?」と思って聞いてみたら、解禁日からの不猟続きに呆れたメンバーが、もっと寒くなり渡りの姿が多くなるまで開店休業を決め込んだとのこと。やむなく班長と二人でカモを攻めることとなりました。 しかし、私としては初猟です。燃えないわけがありません!猟場となる溜池は二人で猟をするにはやや広すぎる大きさですが、両サイドからうまく攻めれば葱を背負って(笑)いるカモが落ちてくれるだろう。などと班長と作戦をたてます。
 
 溜池からかなり離れた位置で双眼鏡を覗きます。水面から突き出ている葦陰にいたいた。カルガモ、コガモ。1,2,3、・・・20、30。もらったね!打合せどおりに両サイドから班長と間隔を置きつつ、カモに気取られないよう腰を屈めながら足音を殺してゆっくりと歩を進めます。互いのポジションに着いたとみるや一気に立ち上がりざま、「ホーッ!」と一声あげます。驚いたカモが一斉に飛び上がります。私の側からうまい具合に班長が待ちをかけている方向に群れが向かって行きます。カモがバタバタ落ちる様が目に浮かびます。

 ところが!?カモもやるものです。班長のいる方に向かっていた群れが、班長の姿を見るや途端に方向を変えて、私と班長の中間を銃の射程ギリギリと思われる高度で逃走を図ります。逃がすか!両サイド(私と班長)の銃が火を噴きます。多少距離はあったものの、3羽のカモを授かりました。もう一人中間に待ちをかけれていれば射獲定数(一人5羽)は間違いなかったのに(残念!)来週もう一度狙うぞ!
班長が燃えました。開店休業のメンバーに招集をかけて次回は逃すものか!!

本日初猟です。3羽授かりました。


※ 体型は痩せてます。カモはメタボにかぎりますね。


ウィッキー・チヌ L スタッグで
捌く。使い心地は? 勿論グッ〜ド!
何よりもブレード厚が最適なのです。

スタッグハンドルが手によく馴染みます。 

アルティメット・ハンターで捌く。
※ ブレードの長さは、No.3が グッド!

アルティメット・ハンター
No.3 1.5G アイアンウッド

・ウィッキー・チヌ L スタッグハンドル
 カモやウサギなどの捌きには最適なブレードである。特にスパインからポイントにかけての形状は文句なし。どのような角度からでも抵抗なくエッジが入り込んでくれる。これは、最適にブレード厚が設計されいるお蔭であろう。ハンドルの形状も長い時間使用していてもストレスはなかった。見事である。アウトドア全般での使用は勿論、リンゴの皮むきも難なくこなし、ネギも切れます。キャンプでの調理等はこれ一本でこなしてしまいます。あとはシースに一工夫を期待します

・アルティメット・ハンターNo.3 1.5G アイアンウッド
 今回はじめてNo.3を使用してみた。ハンドルを握ったときは、No.2に比べて細身のため、グリップ感に不安があったが心配したほどのことはなく、ペングリップに持ち替えての細かい作業なども楽々対応してくれる。昨シーズンは、No.2でウサギなどを何度となく捌いていたので、ブレード感覚はまったく違和感なく使用できた。初めてお使いになられる方は、北野エッジの特徴を意識して使用されれば、存分にその魅力を実感していただけるものと思います。今回の猟でも常時首から提げて携帯していました。心強い相棒である。


◆HOME