いつも私共のナイフを愛用して頂いている、青森県の木村さんからのメールを紹介しようと思います。木村さんはハンティングから、海釣り、渓流釣り、ルアーなどやられるマルチガイの方です。いつもハンティングやら、釣りの成果を送っていただけるので、木村さんからもお許しを頂き少しづつ紹介していきたいと思います。皆様もご意見がございましたらお知らせ下さい。
 

2011年7月9日(土)  低調な中、しかし、チーム飛鷹は・・・。

 今日も相変わらずの梅雨の最中、時折、雨に見舞われるもまずまずの天気に恵まれました。6名と少な目のメンバーだったため、今回は飛鷹1号に乗船です。

沖合いは強めの風が吹いているようですが、あまり深めには入らず水深40メーター辺りから探ります。最近の釣況を聞くところ、船全体で2〜3枚平均、良くて5〜6枚との低調ぶりです。「1枚でも釣れれば上出来かな〜。」との弱気な言葉がメンバーから漏れますが、今日の私は強気です。何としても最低2枚、できれば3枚以上は欲しい。不調も低調も何ものぞ。気合だ!気合だ!!気合だっ〜

 ポイントに到着し、お得意のジグを早速キャストします。潮が早いな。底潮が冷たいな。水温が低ければ底には付いていないな。やはり狙いは中層だな。と自分の中でイメージを具体化していきます。リーリング・スピードは今日は遅めにしてみます。底までカウントダウンしたら、ゆっくりとハンドル巻き上げます。潮の抵抗を受けてジグが重く感じられます。中層を通過した途端"ガツン"とした当たりが「ヒット!」だ。サイズはそこそこながら結構引きは強く、慎重にやり取りして姿を見せたのは50センチクラスの綺麗なメスのマダイでした。プロトタイプで〆ます。今日はこのプロトタイプのフィールドテストも行うため自分で釣上げたものばかりではなく、他のメンバーが釣上げたマダイも〆てみます。
 

私のヒットを皮切りに多少の間隔はあるものの、パタパタと連続してマダイがヒットしてくます。今回、初めてマダイの引きを味わったメンバー他、最近の低コンディションを払拭するかのような、6名で15枚の釣果に飛鷹船長も喜んでおられました。バラシがなければ20枚はいけたな〜。と反省しつつ帰途に・・・。

 

幸先良く、ファーストヒットです。
サイズは50センチそこそこです
が、引きは強かったです。
1枚目と似たサイズで3枚目なり。
2枚目は30センチちょいの小型
なため撮影なし(笑)

先日、出刃シャチを購入しました。
今日は、シャチで〆るぞ〜!

鰓を開いて、ここからポイントを
入れて・・・。
"ぐさっ"
"うわっ、すげ〜"


初マダイです。手と足が震えてます。
ギュンギュン引きました。
"マダイの引きは凄いな〜"
本日、竿頭の僕です。
ジグの他、サビキ仕掛けでも釣って
しまいました。
掟破りでスミマセン・・・。


早速、プロトタイプで〆ます。
ポイントの食い込みが頗る良いです。
頑丈なマダイの中骨を簡単に切断し
てくれます。これは良いぞ!

 

帰宅後、捌きにかかります。
まずは軽い感じで頭を落とします。
頭(兜)を割ります。
両刃だと真っ直ぐに切り進みます。
ポイント付近からエッジを入れて
いき、エンド部分で真っ二つ!
三枚に卸していきます。
刃厚はまったく気になりません。
骨に沿ってスムーズにエッジが
入っていきます。
サムノッチの指あたりも良好です。
皮を引きます。楽に奇麗にできます。
こういう作業の際、ヒルトがまな板
に当たるようであれば、写真のよう
にまな板からヒルトを外して行えば
問題はないはずです。
捌きが終ったところです。
とてもスムーズに行えました。
お刺身にします。
とても良い切れ具合なのです。
料理の完成で〜すっ!
マダイの漬け丼とアラ煮の二品。

※ 漬け丼に温かいお湯を注げば
  これまた超美味しい「鯛茶漬け」
  になります。



◆HOME