いつも私共のナイフを愛用して頂いている、青森県の木村さんからのメールを紹介しようと思います。木村さんはハンティングから、海釣り、渓流釣り、ルアーなどやられるマルチガイの方です。いつもハンティングやら、釣りの成果を送っていただけるので、木村さんからもお許しを頂き少しづつ紹介していきたいと思います。皆様もご意見がございましたらお知らせ下さい。
 

2011年8月27日(土)  津軽の海に狂喜乱舞!玄武丸にて・・・。

 夏祭りが終わり、お盆が過ぎると"津軽"は、徐々に秋色が濃くなってきます。それまでの夏色だった青空が薄い青色に変わり、近かった雲が幾分高く遠くに見えてきます。朝夕の涼しい風が、夏の陽に焼かれた肌にはことさらに心地よく感じられます。賑やかだった夏の音が、名残を惜しむかのように何処からか聞こえてきそうな気がします。と、この頃になると何となく寂しさを感じてしまいますが、海の中はまだまだ夏です。海上も日が高くなるにつれて気温がグングンと上がってきます。

先週は夏場特有の速い潮の返り討ちに遭い、マダイを授かることはありませんでした。終盤に何とか稚鰤(ワラサ)を1本授かったのみでした。 次のマダイへ思いを馳せていたところに「玄武丸」からの電話、マダイは別として「ワラサ」狙いでどう?とのこと。"行く!"即答です。まるで条件反射(笑) ベイトが騒ぎ出す時間帯を見計らいつつ、ちょっと遅めの5時に出港します。

小さなナブラを見つけてはキャストします。今日のタックルは、重めの「ジグ」で、130グラムくらいあります。ロッドも普段のマダイ用のものより数段ヘビーなものです。シャクリを繰り返しているところにいきなりのヒット!ワラサ用のタックルのため、マダイのときほど繊細なやり取りをすることなく、ワラサを取り込むことができます。テンポよく3本をゲット。今日は4人と少な目なので船上でのポジションを広く使うことができます。他の一人のメンバーも1本をヒットさせます。その後、玄武丸船長にもヒット、移動を繰り返しながらポツリポツリと釣上げていきますが、なかなか纏まった群れにあたりません。

昼を過ぎた頃から大き目のナブラが見えはじめてきました。それからはもう大騒ぎです。静かだった海面が俄かにざわめいてきて「玄武丸」の周囲360度でベイト(小魚)が沸きはじめ、一面まるで土砂降りのような飛沫、海中でワラサの群れに追われたベイトが海面に飛び出し、さらにワラサも飛び出してきます。リグをプラグに交換し狂喜乱舞しているワラサの中にキャストします。"ガツン!"間髪を入れずヒット、表層でのエキサイティングなファイトを堪能します。ベイトの巨大な群れのど真ん中に居るのは我われ「玄武丸」のみ、アンビリーバブルです〜(笑)

小さなナブラです。こんなサイズのナブラを見つけては拾い釣りしていきます。

 

前半は釣上げて余裕のポーズです。

しか〜し、"サイズ的に不満だっ!と申しておりました。

玄武丸船長もワラサを手にニコリ(喜)
後で茶化しているのは「玄武丸」の愉快な仲間です。

本日、4名でワラサ25本、イナダ1匹釣らせたのは"船長の腕だよ〜ん!"

そして巨大なナブラの出現! これには、ただただ感動と興奮を覚えるばかり。
360度、ベイトとワラサが大沸騰!津軽の海が沸き立ってます!!

ちょっと見づらいですが、船の周りにベイト(10センチに満たないイワシ)が
沸いています。あまりの数に海中がまったく見えず、ルアーが沈まないのです。

ヒット中は写真も撮れず、漁港に帰ってきてからのショットとなりました。生け簀に入り込んで「ど〜だっ!」

"魚群リーチで大当たり!"ってか。

本日、私は13本を授かりました。

〆には、前回紹介のプロトタイプと玄武丸へプレゼントした出刃シャチを使用して、すばやく処理しましました。〆の様子は、前回、前々回のレポートで紹介しているので今回は省略とさせていただきます。


玄武丸に感謝です。ありがとう友よ♪



◆HOME